🇩🇪ドイツ旅行 2019年夏③

🇩🇪ドイツ旅行 2019年夏③

こんにちは、カウンセラーmichicoです。

 

前回の続きです!

嵐も去って、ようやくバーデンバーデンに着いた

翌日の朝からの話です。

ここからはメインのスパについてです。

 

ホテルは、小高い丘の上にあるので,周りが見渡せるんです。

朝は夏なのに少し肌寒くて、

空気が澄んでいて、とても気持ち良かったです。

 

 

バーデンバーデンは、古くローマ時代から上流階級の人が

訪れる華やかな保養地だったようです。

ドフトエフスキーも訪れたとか。ー

 

バーデンバーデンでは2つのクアハウスへ行きました。

カラカラ浴場 と フリードリヒス浴場です。

 

カラカラ浴場は、水着を着て入る温泉プールです。

************************************************************* 

入浴時間

8時~22時(最終入場は20時半まで)

※12月24日、25日は休業
※12月31日は8時~22時まで営業(最終入場は18時半まで)
※12月24日は10時~12時まで、0階(日本式の1階)のショップのみ営業

レストラン

9時~22時まで(浴場内は21時半まで)
9時~11時までは朝食のみ(冷たい食事)
11時~21時半の間は暖かい食事も提供

レマッサージ

ピーリング、マスク、マッサージ等、各種あり
9時~20時まで営業(受け付けは18時まで)

住所

Römerplatz 1
76530 Baden-Baden

 

*************************************************************

 

関西では、宝塚にカラカラテルメって温泉施設がありましたが、

そこに似ていてとても広い施設です。

滝があったり、サウナもありました。

ちゃんと水着で食べる所もあって、1日中遊べます。

 

↑

朝食べたセットです。

 

 

2階には大人専用?のサウナがあります。

こちらは、水着着用せずに入ります。下のプールとは違って

子供が走り回っているという事はありません。

ゆっくり、体を休める所となります。

 

 

カラカラ浴場では、マッサージを受けました。

男性のトレーナーさんで、マッサージは、強すぎず、弱すぎず。

空調温度も適切で、ウトウトしました。

海外に行くと冷房が強いので、マッサージ中は特に気をつけないと

寒くてウトウトするどころではありませんからね。

1日遊んで、近くを散策して、1日が終わりました。

前日がヘトヘトでしたので、この1日で

随分と元気になれました。

 

次の日は、フリードリヒス浴場へ

************************************************************* 

入浴時間

毎日9時~22時まで
最終入場は閉館2時間前の20時まで

<混浴日>
火曜、水曜、金曜、日曜、祝日、バレンタインデー

<男女別日>
月曜、木曜、土曜

<休館日>
12月24日、25日

12月31日は9時から20時まで短縮営業
(入場は18時まで)

レストラン

9時~22時
(温かい食事の提供は11時~21時半)
9時~11時まで、朝食サービスあり

レマッサージ

各種エステ、マッサージあり 25分34ユーロ~

住所

Römerplatz 1
76530 Baden- Baden

*************************************************************

 

こちらは、サウナの部屋が幾つもに分かれていて、時間毎に次の部屋

次の部屋へ移っていきます。

途中、水のプールがあるんですが、まぁ、気持ちの良い事といったら‥‥

サウナでかなり体が熱くなっているので、水が気持ち良い!!

もちろん、裸ですので、それも解放感があって良かったのかもしれません。

 

私は、ブラシマッサージとクリームマッサージと飲み物の付いた

こちらのコースにしました。

↓

<LUXUS PLUS ルグズス・プルス>
59ユーロ 石鹸ブラシマッサージ、クリームマッサージ、ローマ・グルメ・ディッシュと飲み物つき 滞在時間4時間まで

 

石鹸ブラシというのは、サウナの途中で体を石鹸でゴシゴシと

してもらうのですが、これも韓国の垢すりみたいな感じですが、

韓国程強い圧ではなく、程よい感じでした。

これは、さっぱりとします。

 

その後もまた、ハマムで蒸されて、水で冷やされて。

音楽も何もないので、静かな時が流れます。

そして、水の音だけ。

 

サウナと音のない時間の中で、

忘れてはいけないのが、この浴場の歴史ですね。

ハマムの部屋それぞれにタイルが敷き詰められているのですが、

とってもステキなんです。

そして、そのタイルは物凄く熱いので、ビーチサンダルが必要ですよ。

足の裏を、火傷しちゃうますからね。

 

ずっと昔から色々な人種の色々な人が座った場所

そして、それがずっと受け継がれてきたのかぁと思うと

流れてきた時間を思って、

また、更に深く深呼吸をしました。

 

サウナの最後に、

待っていました!の、クリームマッサージをうけましたが、

クリームの香りのいい事。 うっとりです。

 

この香りが良い事も、私には重要です。

スパは、五感全てで体感します。

香りも、温度も、光の加減も‥

そして、ベットに敷かれたシーツのその肌触りも‥

‥‥それは、吸い付くように、纏わりつくように。

 

そして、クルクルとシーツの撒かれて、また別の仮眠室に通されます。

 

薄暗くて、ベットが放射状に並んでいて、他にも数人眠っていました。

ここは、少し冷んやりした空気でした。

ベットに横になったら、カイコのようにシーツに包まれるんです。

もう、最高だわ。うっとり。

そして眠ります。

 

マッサージして、はい、さよなら〜ではなく、

ゆっくりさせてくれるこの時間、そして、このリネンは虜になりますね。

あの薄暗さも、温度もです。

日本にもあるのかしら?

 

↑

ちょっと散策してした、カールスルーエ城です。

バロック時代の計画都市だそうです。

バロック音楽も好きなので、惹かれるのかなぁ?

ベルサイユ宮殿を手本にして造られたそうです。曇っていたんですよね。ー

 

 

そしてお茶を頂いて、スッキリ!!な私になって

浴場を後にしました。

ヨーロッパは音楽の国です。

有名な音楽家等も、この浴場に来たかしら?

ここに座ったかもしれないなぁ。なんて。

 

バーデンバーデンはスパだけでなく、

カジノもあるんですね。

私はよく知らないので行かなかったのですが、

昼間はサウナでウトウト

夜はドレスアップして、大人としてカジノに興じるのもステキですよね。

 

ドイツには、バーデンバーデンのような温泉の街が

あちこちにあるんです。

また、違う温泉地にも行ってみたいし、

古城にも泊まってみたいなぁ。

 

 

現実を変えたいあなたへ

CTA-IMAGE スピリチュアルで何も変わらなかった人のための「現実派カウンセリング」いたします。 あなたの深層心理を一つ一つ丁寧に解析して本当の『原因追及』をいたします。 まずは、お気軽にお問い合わせください。あなたのお力になれればと思います。