自分革命14 愛の勘違い

自分革命14      愛の勘違い

動画14

第2章 なぜ、あなた思い通りに生きられないのか

「もっと親に愛されて育っていれば、今とは違っていたのになぁ」と

『愛』という言葉で誤魔化していたら、

親に対する巨大な依存心はなかなか解消できないのです。

 

 

フラクタル心理学では言葉の定義を都度確認します。

「定義」という言葉に込められた、本当の意味やイメージが現実化するためです。

これってすごいと思いませんか?

たかが言葉ですよ。よく言霊とか言いますが、正にそれですね。

自分が言葉に宿すイメージや意味が現実化すると考えるのです。

 

では、『愛』って言葉の定義は何ですか?

 

冒頭の説明で、「親にもっと愛されていたら‥‥」の「愛」の定義は何かな?

と考えると。

これ、小さな子供の時に定義した「愛」ですよね。きっと。

例えば、欲しいものがあって、与えてもらえたら 「愛されている私」で

与えてもらえなければ 愛されていない私だったのでしょうね。

多分その頃の「愛」の定義は、欲しい物を与えてくれる事 だったのではないでしょうか?

 

大人になって子供の視点で見た愛を、本当の愛だと思いますか?

 

子供の頃は見えてる世界が狭くて、大人がしていることは全く分かりませんよね。

寝て食べて、遊ぶことだけしか知らないのですから仕方ないんですね。

なので、もし、自分が親に愛されなかった😥

なんて勘違いしている自分がいたなら

それは、親に依存しているからそう感じるのかもしれないなぁと

受け入れてみて下さいね。

そうすると、何か違って見えてくるかもしれませんね。

 

 

現実を変えたいあなたへ

CTA-IMAGE スピリチュアルで何も変わらなかった人のための「現実派カウンセリング」いたします。 あなたの深層心理を一つ一つ丁寧に解析して本当の『原因追及』をいたします。 まずは、お気軽にお問い合わせください。あなたのお力になれればと思います。